テーマを決め実践と知恵を積み上げていく



学んで事を実践することは大事ですが、
実践する際に着目したいことがあります。


それは、「テーマを決めて実践する」
そして、「実践したら振り返り、可能な限り計測する」
ということです。


では、「どうしてテーマを決めて実践しなければならないの?」
ということについてお話していきます。

NLPだけではなく全ての学びに言えるのですが、
「意図的にテーマを決めて実践することで、取り組み自体が明確になるからです」



では、「取り組み自体が明確になるとどんないいことがあるの?」
ということですが、

「取り組みが明確になることで、細部への意識が具体的になる」
ということが起きてきます。




例えば、NLPセミナーで学んだアズ・イフフレームを実践をした方がいます。

「発想が行き詰まって出てこない時に、
 もう一歩踏み込んで発想を出すにはどうしたらいいか?」

ということに対して、NLPセミナーで学んだアズ・イフフレームを
使っていく取り組みです。



「もしも、あるとしたら、他にはどのような方法があるか?」
行き詰まった自分や仲間に対して問いかけた言葉です。


すると、NLPのアズ・イフフレームを使った時に、
もうないだろうという思考から、
「あるとしたら・・・」と考える思考に切り替わったそうです。


その結果、もう一歩突っ込んだアイデアが出ない時もありますが、
何かしらの発想が引っぱり出されることが多いそうです。


なぜこのような取り組みをしたのかといいますと、
NLPのアズ・イフフレームは「もしも」という言葉で、
質問を仮の質問にすることができ、心理的なハードルを下げたり、
思考を切り替える作用があるからだそうです。


このように明確なテーマを持つと行動を具体的にしやすくなり。
実践に対するフィードバックも得やすくなります。
そして、それらの中から実践の知恵も生まれます。


ですので、意図的にテーマを決めて実践することは大集です。
そして、段々と当たり前に使えるようになっていきます。


NLPの質問の方法で想像力を高めてみる



NLPを使うことで、想像力が高まる方はたくさんいらっしゃいます。
もちろん、イメージしながら行うワークが多いのもありますし、
何よりも、NLPセミナーを通して、視覚・聴覚・身体感覚が
活性化されていくことが理由です。


しかし、イメージ力が高まっても、コミュニケーションや
人間関係において、人の気持ちを想像できるように
なるとは限りません。


実は、この点においてもNLPセミナ-を通して学ぶことができます。
その中の一つがアズ・イフフレームというNLPのスキルです。


このスキルは質問を使って、考えてイメージするために使います。
「もしも、自分が相手の立場なら、今何を感じているかな?」


という質問を擦ると、相手の立場に立ちやすくなります。
このように、「もしも」という言葉をつけることで、
仮の話を想像しやすくなります。


では、どこでも、どんな時にでも使えるように、
NLPセミナーで学ぶアズ・イフフレームの方をご紹介します。
「もしも◯◯なら~?」


という形で使います。



そして、NLPのアズ・イフフレームは、様々な形で
使うことができます。工夫すると、人生やビジネス・仕事の・対人関係で
武器になります。ですので、是非覚えて頂くといいかもしれません。


実際に、NLPのアズ・イフフレームを使うことで、
コミュニケーションを取りやすくなり、人間関係が育まれたり、
仕事でのアイデアを出しあいやすくなったという方もいらっしゃいます。


NLPのアズ・イフフレームを是非、有効活用して下さい。


関わることで、自己重要感を高める



自己重要感の高め方についてお伝えしていきます。


相手の心の満たし方の一つです。
NLPセミナーでは、コミュニケーションにおいて、
相手の心を満たして、信頼関係を築くために、
自己重要感を満たすということを教えてくれます。


自己重要感で学べることの原則の一つですが、
「人は、自分が重要な存在だと感じていたい」というものです。

別の角度から、NLPセミナーで学ぶ自己重要感をお伝えしていきますと、

「人は、自分で自分の存在は大切だと思いたい」
「人は他者から、必要な人間だと思われたい」

というい人間の心理メカニズムがあります。


ですから、NLPセミナーで学ぶ自己重要感でやっていく事は、
相手の存在を肯定することです。存在の肯定が相手の心を
満たすことにつながります。

そして、それが人と人との心の距離を縮めることにつながります。
ですので、NLPセミナーでは、相手の存在を肯定するいくつかの
方法を教わることができます。


その中の一つは、相手と関わることです。
相手と関わるだけなのです。


例えば、身近な相手、奥さんや旦那さん、恋人との時間を
あまり作れていない、一緒に家にいても心で関わる時間を
持てていないということでしたら、まずは、関わってみて下さい。


NLPセミナーを学んだある男性は、NLPの自己重要感を知り、
奥さんとの心からの関わる時間を意識的に作ったところ、
スレ違いだった関係が、潤いを持ち、奥さんの笑顔や喜んでいる
表情などが増えたそうです。


それは家族関係にも良い影響を与えているそうです。
まずは、身近な人との関心からの関わりを増やして行きましょう。


フォーカスを変えると、現実も変わる



無意識に目標から目をそらしている時があります。
それが、目標達成できない原因かもしれません。


NLPセミナーで学ぶことのできることには、
「フォーカス」というものがあります。


フォーカスをお伝えするために、冒頭の言葉を使いました。
そして、NLPセミナーで学ぶフォーカスとは、本当に
人生に必要なものなのです。




例えば、あなたが学生さんだとします。
そして、高校受験に向けて勉强をしているとします。


この時のあなたのフォーカスは、受験の合格と、
その為の勉强や高有働に向いています。
つまり、受験の合格にフォーカスしているということです。



NLPセミナーでは、フォーカスのことを次のように教えてくれます。
「あなたがどこに思考を集中しているか?」どこに集中しているかで
結果が変わるというのは、見えない力もあります。


同時に、脳の機能として、フォーカスして集中している
ところに対する気づきや発見、発想を促してくれるからです。



しかし、受験勉強中のあなたが、もしも異性を好きになり、
気づいたら、大好きな異性のことを考えているとしたら?
どうなるでしょうか?


フォーカスはブレます。



それが、目標達成や願望実現を出来ない原因です。
無意識に、本当に欲しい結果から目を背けているからです。
するとあなたのエネルギーや集中力が分散してしまいます。


それでは、いい勉強ができるわけがありません。



NLPセミナーでは、目標達成の為の適切な脳の使い方の
一つとして、フォーカスを教えてくれています。


NLPを実践しよう学ぶことの価値とは?



突然ですがご質問です。


NLPセミナーを学ぶことのメリットとは何でしょうか?
たくさんありますが、その中から一つを取り上げて皆さんへ
ご紹介させて頂きたいと思います。


まずは結論からですが、NLPを学ぶことの価値の一つは、
セルフイメージやビリーフについて学べることです。


このサイトでも、NLPセミナーで学ぶことのできる
セルフイメージやビリーフについてご紹介をしていますが、
人生に大きく影響を与えています。


「セルフイメージに相応しいことしか起こらない」
という言葉があります。


ここには、セルフイメージだけでなく、ビリーフも入ってきます。
では、ここから本題ですが、NLPを学ぶ価値は、セルフイメージや
ビリーフについて学べるということだと話しました。


もっと具体的に言いますと、いつでもどこでも、
皆さんが、自分自身のセルフイメージやビリーフを
変えることができる様になるということです。


NLPセミナーで学ぶことのできるセルフイメージやビリーフですが、
変わることが多々あります。望んでいる結果を出している人は、
その循環の中で、セルフイメージを高めていくことができます。


上手くいかない結果が多い方は、セルフイメージが下がっていきます。


新しい何かに挑戦することも、人生には多々あります。
苦境に立たされることも多々あるかと思います。


そんな時に、できるというセルフイメージを持てることは、
人生の財産になります。その為に必要sなセルフイメージや
ビリーフの高め方、改善の仕方、書き換え方を学ぶことができるのが、
NLPセミナーで得られる大きな価値の一つです。


課題を持ってワークとスキルを活用する



NLPセミナーで学んだワークやスキルを活かしていきましょう。


もしも、NLPのワークやスキルを使って結果をだしたい場合は、
大きく4つの学習段階があります。


これをNLPセミナーで学ぶ「学習の5段階」と併用して使うと、
結果を出しやすくなります。どういうことかをお伝えしていきます。


1、まずは、使う
2、NLP的な視点で考える
3、基本を身につける
4、テーマを持って活用する


これが、NLPセミナーでの学びをさらに活用するために必要な
4つのポイントになります。簡単に解説していきますので、
お役に立てることができそうでしたらお使い下さい。



1、まずは使う

使うことで結果が出すことは多々あります。
それは、ビギナーズラックということもありますが、
優れたテクニックやスキルは実践するとしないとで、
大きな結果やプロセスの違いを生み出します。


2、NLP的な視点で考える

NLPなら、この状態、現象、結果をどのように捉えるだろうか?
などの視点で見ていくことで、今までにない視点を持つことができます。


3、基本を身につける

まずは、当たり前に、NLPセミナーでの学びを活かすことができるように、
基本をマスターします。意識しなくても、手順がわkり、ポイントを
押さえているような状態になりたいものです。


4、テーマを持って活用する

基本が身についたら、自分なりにテーマを持って、NLPのワークや
スキルを活用します。


ポイントにかんしては、どのNLPワークやスキルを使うかで変わりますので、
割愛させて頂きますが、ワークやポイントの一部をテーマにして活用する
ということです。


感じる力を養うと、共感能力も磨かれる




コミュニケーションにおいて、相手の気持ちをもっと
理解したいと思ったことはありますか?


もしも、そう思った方にとってはお役に立てるお話かもしれません。


NLP資格のセミナーで学ぶキャリブレーションを覚えていらっしゃいますか?
キャリブレーションとは、コミュニケーションにおいて、
視覚、聴覚、身体感覚を使いながら、相手を観察することです。


もし仮に、NLP資格のセミナーで学ぶキャリブレーションを
活用していくとどうなるかを話すとしたら、感じ取る能力、気づく力が高まります。


そして、その気づく力が高まることで、相手の気持に気付くこともできるようになります。


今、この人はこういうことを感じているのかもしれない、
やはり、こういうことを感じていたんだとなどです。
そして、そこから共感することができるようになります。


何を感じているのかを察することができるようになりますので、
自然に共感してしまいます。一度、共感したものを受け入れるか
どうかは別の話になりますが、共感した後に選択することが
できるのが大切なのです。


ですので、一度NLPのキャリブレーション能力を高めると、
本を読んでいても、人の話を聞きながらでも、TVや映画を見ていても、
今まで以上に、心の動きが分かるようになってきます。


もちろん、実体験での経験値は必要です。
コミュニケーションを通して、相手を感じて、共感する習慣が
とても大切なのは言うまでもありません。


お伝えしたかったのは、NLPのキャリブレーションなどで、
気付く力や感じる力を養うことで、相手の心の動きを受け取れるようになってきます。それが共感能力の向上につながるということです。


本人が気づいていない魅力に気づかせる




相手の魅力を伝えてあげましょう。


NLPを学んで行くと、
相手を満たすコミュニケーションについて学びます。


その中には、自己重要感を満たすというものもあります。
人は自分の価値を感じていたいものです。


無意識レベルで、
他社からの承認を求めています。
自分で自分を認めたいです。



ですので、コミュニケーションテクニックとしても使えますが、
誰かとの信頼関係を深めたい、人間関係を育みたいと思ったら、
是非、次のことをしてみるといいかもしれません。


相手の魅力を伝えてあげる。そして、疑問形を使うことで更に効果的になります。
あるいは、第3者の引用で更に効果的になります。


具体的な例をお伝えします。


NLPを福岡で学んだ女性が言われて嬉しかった言葉を教えてくれました。


◯あなたが思っている以上に、あなたは素敵な人って気づいている?


◯会社中の皆があなたのことを好きなんだって。知ってた?



いかがでしょうか。
嬉しいですよね。



この言葉は言われるだけで嬉しいですが、
問いかけられることで、より一層、相手の心に浸透していきます。


実は、今の話の中には、
NLPのテクニックが使われています。


NLPのミルトン・モデルというものです。
別の機会にご紹介させて頂きます。


話を戻しまして、相手が気づいていない、認めていない、
その人の魅力に気づかせて上げることで、相手の
自己重要感を高めることが出来ます。


周りからの声だけでなく、自分の魅力に気づくことで、
自らも自己重要感を高めることができるようになるのです。


笑顔で受け入れることの効果




笑顔と笑いの効果を活用していますか?


NLPセミナーで学ぶコミュニケーションテクニックを
学んだら、次は笑顔や笑いを意識的に行なうことで
次のような変化を得ることができるようになります。


・相手が話しやすい状態をさらに作ることができる
・相手が心を開きやすくなる
・自分も楽しくなり、話しやすくなる
・だんだんと、コミュニケーションにおいて笑顔や笑いを作りやすくなる。


さらに、NLPのコミュニケーションテクニックと
笑顔や笑いを使っていくことで、日常生活でも、
笑顔や笑いの自分を作ることができるようになります。


NLPを名古屋で学んだ男性の解釈では、
笑うことで一気に警戒心を外すことができるので、
まずは、相手に合わせて笑顔や笑いを作ることが
とても重要になると話しています。


しかし、面白くないのに笑うことができるのか?
面白くないのに、相手は笑ってくれるのか?


という疑問はつきますが、
全く問題はありません。


具体的には、面白くなくても、
目の前の人が笑っていればつられて笑います。


そして、自分も笑顔を作ることでだんだんと面白くなります。


NLPの前提には「心と身体は1つの有機システムである」
という言葉がありますが、心と身体のつながりを教えてくれています。


つまり、身体の動きが心に反映しています。
表情が笑っていれば、心もそれに伴ってきます。


そして、その場が楽しい雰囲気になってくると、
相手も楽しくなりますし、脳の性質上、今いる環境に
合わせようと動き出します。


理屈は別としまして、NLPのペーシングと、
笑顔や笑いを組み合わせることで、コミュニケーションの質が
格段に上がります。


やってみると分かります。


ペーシングしながら傾聴してみる




コミュニケーションに」おいて、相手から
いつもとは全く別の反応をいただくと
面白くもあり、嬉しくもあります。


どうしてかといいますと、NLP資格のセミナーで学ぶ、
ペーシングと傾聴をすると起きやすい出来事です。


仮に皆さんが1対1で話をしているとします。
普段は冗談を言い合ったりする相手でも、
あまり会話はしたことのない方でもかまいません。


もしも、皆さんがNLPのペーシングをしながら、
傾聴をしたとしたらどうなると思いますか?


話は延々に続きます。
時間があればです。


もちろん、コミュニケーションの目的に
沿って、相手に対して適切な質問を
投げかけていくことは大切です。


何をお話ししたいかといいますと、NLP資格の
セミナーで学ぶ、ペーシングや傾聴を使うことで、
相手が話しやすい状態をつくることができます。


それは、傾聴していると相手は話を聞いてくれる
存在に思ってくれるからです。そして、話を聞いて
くれる相手ふが、ペーシングでペースを合わせて
くれますから、心地よく、違和感がない状態になります。


すると、話を聞いてもらいたい。
誰かに言いたい話しがある。


という方は多いですので、
どんどん話してくれます。


是非、NLPのペーシングや傾聴を使って、
コミュニケーションを取ってみてください。


普段とは違う一面や話を見せてくれることでしょう。


結果的に、「何でこんな話をしているんだろう」
という言葉を聞くことが出来ます。


この効果を活かして、関わる人達の
心を満たすことも出来ます。